忍者ブログ

エギマスター

九州の福岡でエギングしています。 釣果や釣り方のコツ等を紹介していきます。

   
カテゴリー「ドラグの調整とは」の記事一覧

ドラグの調整で釣果が変わる??

初心者以外は、ちゃんとドラグを調整して、エギングを楽しんでいると思いますが、

結構ドラグの調整の見落とししてる方がいます。

私の友人も、ドラグ調整をしてない方がいたので、ドラグ調整を教えると、

エギンガーって様になりましたwww


玄人の方は、この記事を流してもらって大丈夫ですwww





なぜ、ドラグを調整しなければならないか。

それは、


① しゃくりのときのラインへの負荷を減らす
② しゃくりのときのロッドへの負荷を減らす
③ アタリがきたときのバラシ、身切れを防止する
④ アオリイカがジェット噴射したときの身切れ、ラインブレイクを防止する


この4点です。


エギをシャクルということは、ロッドを強くシャクリますので当然ロッドや、

ライン、リーダーに負荷がかかるわけです。

ドラグをガチガチに締めた状態でしゃくると、手首に負荷がもろにかかります。


ドラグをガチガチに締めると、最悪ロッドが折れるということになりかねません。


ラインやリーダーが切れ、ロストすることもありますし、

アオリイカのジェット噴射で、身切れを防ぐ為でもあります。


アオリイカのジェット噴射は、強く、柔らかいアオリイカが身切れが起こること

もあります。せっかく当たったのに、バラシたくはないですよね。










次は、ドラグの調整方法です。

初心者にも分かりやすい方法を記述していきますね。




① エギングが出来る状態にする。(竿とリールをセットして、糸の先端にエギをつける。

② スーパーの袋を用意して、 袋の中に500mlのペットボトルを入れる。
  (ペットボトルは中身を空にせず、水でも何でもいいので500gになるように入れる。)

③ スーパーの袋の持ち手の部分にエギの針を引っ掛ける。

④ そのまま竿を立てて、エギに引っ掛けた袋を持ち上げる。(エギを掛ける位置に
  よってはバランスが悪くなるので、エギを掛ける位置や袋の中に入れたペット
  ボトルの位置を調整して、バランスをとってください。)

⑤ ドラグを調整します。(負荷をかけた時に、少し「ギギ」とラインが出るくらいに
  調整します。)



これで実践すれば、エギをシャクった時に、「ギッ」「ギッ」とリールから糸が

でる音がします。  






分かりやすい動画があったので、貼りますね。






これで、身切れやバラシが防止され、釣果UPに繋がると思います。






PR

ブログ内検索

プロフィール

HN:
jyo
性別:
男性
職業:
趣味:
釣り
自己紹介:
エギング大好き30歳オヤジです。
このブログで釣りに興味持ってもらったら嬉しいです。

九州の福岡を拠点に釣りしてます!
釣りが仕事になったら幸せです(笑)

お問い合わせ


お仕事の依頼・相互リンク申請等はこちらで送信下さい。

潮見表

釣具ショッピングサイト

ランキング

応援クリックをお願いします
↓ ↓



にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー



↑ ↑

応援クリックで頑張れます!!

スポンサーサイト

極意伝授


Copyright ©  -- エギマスター --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]