忍者ブログ

エギマスター

九州の福岡でエギングしています。 釣果や釣り方のコツ等を紹介していきます。

   

潮の流れでイカのポイントを探る

アオリイカを釣る為にイカがどこにいるか見極める為に、潮の流れを

観察したり、エギを落として見たりしてポイントを絞っていきます。

まず、アオリイカが好む場所を把握しておきましょう。



① 潮の効いた場所を好む

イカや魚は潮の流れに逆らって泳ぎます。つまり自分の立ってる位置から

沖へ沖へと潮が流れている場合、アオリイカは、こちらを向いていると考えて

良いと思います。その場合は、いい状態だと言えます。



潮の見方としては、色んな見方があります。

海面にあるゴミの流れ」「目で直に海面を見る」 などです。

私が簡単に見極める為にする事は、

エギをキャスト→着水→ベールは起こしたままフリーにし、ラインを出る分だけ出す


この時、


着水してからライン(竿先から海面までの部分)が、緩んだ

これはエギが、こっちに押し戻されたら、ダメのパターンです。

アテ潮と言い、潮が自分の方向に流れている、つまりアオリイカは反対を

向いています。


着水してからラインはゆるまないけど、出ていかない

これは池のような状態、結構厳しいですが既に底に入ってるアオリが居る可能性

があります。


着水してからリールからラインが出ていく

これは言うまでもなく一番良い状態です。


しかし、エギが着水した時より左右に流されたとなると、あまり良くありません。

アオリイカは真っ直ぐ沈んでいくエギを好むからです。

こうゆう場合、潮に合わせ、少し右に投げるのが有効です。


潮の真正面、潮の上(かみ)に立つ

これを心がけていれば、釣果に繋がるはずです。

ちなみに産卵に接岸したアオリイカは離れません。

なので、捕食時間等、関係無く潮が良ければ釣果に繋がることもあります。




② 潮溜まり、潮目
海面に泡が浮いてるとこ。ソコが潮溜まりです。

簡単に言えば潮の終着点です。

つまり、流れていた餌等が溜まり、魚が寄り、アオリイカが寄るってな感じです。







海面に川のような筋が、潮目です。

方向の違う潮が、ぶつかり合い1つの方向に流れている場所です。

ここにも魚が寄ります。潮が、ぶつかり合って出来るので堤防では先端によく発生します。

潮目や潮溜まりがあれば、まずその真上にキャストするといいと思います。






まとめ

潮の流れがあり、潮溜まりや潮目があると狙った方がいいです。

さらに、潮の流れがいい場所の近くに藻場や、岩場、カケアガリがあると尚更いいです。


潮目・潮の状態の狙い方と合わせて把握すれば釣果は上がるはずです。






PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ブログ内検索

プロフィール

HN:
jyo
性別:
男性
職業:
趣味:
釣り
自己紹介:
エギング大好き30歳オヤジです。
このブログで釣りに興味持ってもらったら嬉しいです。

九州の福岡を拠点に釣りしてます!
釣りが仕事になったら幸せです(笑)

お問い合わせ


お仕事の依頼・相互リンク申請等はこちらで送信下さい。

潮見表

釣具ショッピングサイト

ランキング

応援クリックをお願いします
↓ ↓



にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー



↑ ↑

応援クリックで頑張れます!!

スポンサーサイト

極意伝授


Copyright ©  -- エギマスター --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]