忍者ブログ

エギマスター

九州の福岡でエギングしています。 釣果や釣り方のコツ等を紹介していきます。

   
カテゴリー「シャクリの方法」の記事一覧

デュエル笛木さんエギング講習会

やっと福岡に帰って参りました。

ブログも更新してなかった。。。

約2週間福岡に居なかったので、エギング出来なかった。

私の不注意で竿も折れてしまったので、取り寄せになるから少しエギングは

出来なかったんですけど、、、


竿がきたら、すぐエギング開始します!!



今日は、DUEL苗木さんのエギング講習会の動画を紹介します。

1 中層のエギングについて
2 シャクリ&ダートについて
3 ダートマスターの使い方
4 EZ-Qキャストシリーズの使い方

を分かりやすく説明しています。





アオリイカはボトムにいないので、ボトムより上を狙う方がいいとのことです。

ようするに中層を狙うということです。

ダートは、3回以上してアオリイカを誘うみたいです。

私の場合は、4回して、テンションフォールさせてます。


3・4の使い方は分かりやすいので、参考に出来ます。

EZ-Qシリーズで釣ったことない方は使い方を間違っている方が多いみたいなので、

余り大きくシャクらないと苗木氏はおっしゃています。


この動画を見て、シャクリ方を真似したら、釣果に繋がるはずです。




石津浜での講習会の動画も合わせて貼りますね。







苗木氏の「釣るまで辞めねぇ」の動画です。








ホント、楽しそうにエギングする人だなぁと思いました。






PR

ステイの長所と短所

エギングの技術の一つとして、ボトムステイというものがあります。

ボトムステイとは、停止するという意味です。言わいるほったらかしですww



わたしの場合、トゥイッチのシャクリをして、ステイさせたり、大きくシャクった後に、

ステイさせるなど、シャクリのアクションの一つとして、応用しております。

シャクリにメリハリを付ける訳です。


このメリハリは凄く大事ですよ。


イカも同じアクションだと飽きて見向きもしなくなりますからね。







ステイさせることによって、アオリイカに安全に捕食出来るんだよと、岩や藻に隠れて

いるアオリイカをおびき出し、捕食のタイミングを作ってやることなのです。



アオリイカにとって、トゥイッチによって、チラチラ見えるエギの存在が、

ステイによってエギの存在を認識させ、隙を作り、「ここだ」って捕食にくるんです。




基本は、ロングステイは使用しませんが、アタリも何もない状況が続くと、

スローなアクションのステイを使用したりします。

同じエギで、全然アタリがなかったのに、突然効き目があったりします。

あんなに来なかったのにきたよみたいなww



多様はオススメしませんが、一つのテクニックとして覚えて置いてください。






短所とすれば、長い間ボトムで放ったらかしにしていることで起こる、

潮流の影響で流され、根ズレや根掛かりによるロストです。

これには、海底の形状を把握するしかありません。


さらに、手返しの悪さに、アオリイカに見切られるリスクがありますので、

多様は厳禁ですし、しない方がいいです。



ただ、アオリイカにスイッチを入れたい時は、使用してもいいテクニックですが、

根がかりが怖くない方限定ですね。




潮が流れてる時は、エギの足のパタパタが勝手にアピールするので、

EZ-Qシリーズでは、いいアピールテクニックになると思います。





目安として、私の場合は、20秒~30秒くらいのステイをしますが、人によっては

5分くらいの超ロングステイをする人もいるみたいです。


流石に長すぎて、怖いし、横の人とラインが絡まりそうですね。


余談ですが、ステイ中にタコがよく釣れますwww

タコも好きなので、私は嬉しいですけどね。





あまりにもアタリがなければ、ステイのテクニックを使用してもいいとは思いますが、

ステイをされる方は、自己責任でお願いしますねww






EZ-Qシリーズのシャクリの方法



★シャクリの方法

① 手首を下から上に返す 2回~5回 (手首を返す時に糸を軽く巻きながら)
② 5秒~8秒止める(テンションフォール)




★シャクリの方法

① 手首を下から上に返す 2回~5回 (手首を返す時に糸を軽く巻きながら)
② 肘を軽く曲げる    1回 (45°くらい上げる)
③ 5秒~8秒止める(テンションフォール)





★シャクリの方法

 手首を下から上に返す 1回 (手首を返す時に糸を軽く巻きながら)
② 肘を軽く曲げる    1回 (45°くらい上げる)
③ 5秒~8秒止める(テンションフォール)






言わいる『トゥイッチ』というシャクリ方です。

基本動作として、「シャクリ方法Ⅰ」を繰り返し行い、

反応がなければ、「シャクリ方法Ⅱ・Ⅲ」で探りを入れ、「シャクリ方法Ⅰ」

戻すような釣り方をしています。



ここで重要なのは、

テンションフォール(糸をピンと張った状態エギを海底に落とす)

を行うことです。

テンションフォールをすることによって、イカのアタリが分かりやすいと共に、

パタパタの由来である足がパタパタ動き、イカを誘惑するのです。


ここが釣果を増やす方法です。





釣れない方への、私のシャクリの方法です。

私が使用しているDUEL デュエル EZ-Q シリーズは、

比較的簡単な手法ですので、初心者でも簡単にマスターすることが出来ます。


私が愛用しているEZ-QキャストのメーカーDUELさんのホームページでも、

上記の画像でシャクリ方が記載されてるので、参考にされると いいと思います。




EZ-Qキャスト




EZ-Qキャストのシャクリのやり方が紹介されています。

簡単に出来るので、初心者にはオススメです。



ダートマスター



EZ-Qシリーズのダートマスターシャクリの方法です。

このやり方で、エギがダートしてくれます。



シャクリがマスター出来れば、次は『エギの選び方』をマスターしていきましょう。

天候・水質でエギカラーを選んで更なる釣果が得られるはずです。










ブログ内検索

プロフィール

HN:
jyo
性別:
男性
職業:
趣味:
釣り
自己紹介:
エギング大好き30歳オヤジです。
このブログで釣りに興味持ってもらったら嬉しいです。

九州の福岡を拠点に釣りしてます!
釣りが仕事になったら幸せです(笑)

お問い合わせ


お仕事の依頼・相互リンク申請等はこちらで送信下さい。

潮見表

釣具ショッピングサイト

ランキング

応援クリックをお願いします
↓ ↓



にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー



↑ ↑

応援クリックで頑張れます!!

スポンサーサイト

極意伝授


Copyright ©  -- エギマスター --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]