忍者ブログ

エギマスター

九州の福岡でエギングしています。 釣果や釣り方のコツ等を紹介していきます。

   

見落とし厳禁!!エギング中の注意点!!




エギングを始める前や、エギング中に小さなミスが大きなミスに変わることがあります。

ラインチェックしてないから、ラインが切れてエギをロストしたや、カンナが曲がって

しまって、釣れにくいなど……



そんな注意点をまとめてみました。




① エギをチェックする


エギにイカ墨が付着したままキャストしても、中々イカが釣れにくいです。

イカ墨には、周囲のイカに危険を知らせる意味があるからです。

せっかくイカがエギを見つけたのに乗ってこなかったら、嫌ですよね。

ちゃんと洗って綺麗にしましょう。


さらに、カンナ(針の部分)も重要です。

特に根掛かった後は、カンナ(針の部分)が曲がった状態になることがあります。

曲がった状態じゃ、イカがアタックしてきても上手く引っかからないってことも

あるからです。

曲がったら、すかさず、イカ締めピックに付属しているカンナ戻しを利用したり、

ペンチで元に戻すようにしてください。








② リーダーをチェックする


リーダーを指ではさんで、なぞってやると、ザラザラして引っ掛かりがある箇所が

あるとこがあります。
特に、岩場が多いとこや、根がかった後によく起こります。

この状態で、エギングを続けると、さらにリーダーが擦れて、切れてしまったり、

イカがノった瞬間に切れてしまうってこともあるので、十分に気をつけてチェック

してください。

特にイカがノった時に切れるのは、涙が止まりませんwww






③ PEラインをチェックする


PEラインによく起こるライントラブルは、小さな結び目が出来てしまうことです。

風が強い日には、気をつけていても時々なってたりします。

初心者はすぐなりますね。私も初心者の頃は、よくこれで悩んでましたww

この結び目がある状態でキャストし続けると、竿のガイドを傷つけたり、キャスト

した瞬間に、ガイドに引っかかりさらに悪化する可能性もあります。

そんな時は、素直に糸を切り、万全な状態にしたがいいと思います。

ですが、極まれに極まれにですが、ほどける時があります。

その対処法は、結び目を唾液で、十分に湿らせて、ゆっくり左右に強く引っ張ってやると、

ほどける場合があります。試してダメなら、損切りしちゃいましょう。










PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ブログ内検索

プロフィール

HN:
jyo
性別:
男性
職業:
趣味:
釣り
自己紹介:
エギング大好き30歳オヤジです。
このブログで釣りに興味持ってもらったら嬉しいです。

九州の福岡を拠点に釣りしてます!
釣りが仕事になったら幸せです(笑)

お問い合わせ


お仕事の依頼・相互リンク申請等はこちらで送信下さい。

潮見表

釣具ショッピングサイト

ランキング

応援クリックをお願いします
↓ ↓



にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー



↑ ↑

応援クリックで頑張れます!!

スポンサーサイト

極意伝授


Copyright ©  -- エギマスター --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]